庭野仁司の日常生活について

都内に住む26歳のプログラマーの庭野仁司は、もともとアウトドアが好きな性格のため、趣味は自然の多い場所にいって疲れを癒やす事ですが、最近仕事が激務のため残業も多く休みも中々とれないため、趣味が仕事となってしまっている傾向があります。特にアウトドアは一緒にいく仲間も必要なため、休みが中々とれないという事が影響して、趣味からも遠ざかりつつあるのが悩みでもあります。仕事に行っても、ほとんど会社の中にいるため、ランチもコンビニで済ませてしまう事が多くなっています。その点からも、毎日のコンビニ通いも日課といえます。

庭野仁司は目黒区の実家で両親と3人暮らしのため、大学卒業後もそのまま実家に暮らし今の仕事をしています。そのため、給料のほとんどは自分のために使う事ができるので、年収が400万円でも不自由を感じる事なく生活をしています。

しかし、残業が多く休みをとるのもままならない仕事条件の悪さに、将来について考えてしまう事が最近増えています。日課となっているコンビニ通いも、いつも同じような弁当を購入してしまうため、栄養バランスなどはあまり考えずに購入しています。もともとアウトドアが好きな性格ですが、仕事を始めてからはもっぱらインドアになってしまい、また目を酷使する仕事上視力が落ちてきたのも悩みのタネとなっています。